講演会・イベントなどのお知らせ

2017年3月

【最新のお知らせ】 【過去の一覧】

■「食育を科学的に考える」セミナー(学校教職員向け)

日時2017年3月4日(土)13:30〜16:20(開場13:00)
会場広島ガーデンパレス(広島市)JR広島駅徒歩5分 アクセス
講演者と演題第一部【講演】60分『食べることは生きること』 矢内真由美さん(NHK「きょうの料理」プロデューサー)
第二部【講演】60分『食の安全情報を読み解く』 松永和紀さん(科学ジャーナリスト、FOOCOM.NET事務局
参加費無料 要事前申し込み(先着順) 締切2月24日(金)
主催毎日新聞社
お問合せ「食育を科学的に考える」セミナー事務局 TEL:03-6661-0988

■有機農業長野大会 土と暮らしのオープンカレッジ

日時2017年3月4日(土)〜5日(日)
3月4日(土)
10:00〜16:30
土と暮らしのオープンカレッジ
会場:佐久大学 アクセス
プログラム:講演「若月俊一の活動から振り返る、農村医療と有機農業」、土と暮らしのワークショップ、映画『アラヤシキの住人たち』ほか
3月5日(日)
8:30〜13:30
有機農業長野大会(第45 回日本有機農業研究会/第37 回長野県有機農業研究会 合同大会)
会場:一萬里温泉ホテルゴールデンセンチュリー(宿泊) アクセス
プログラム:種苗交換会(8:30〜10:00)、トークセッション新しい扉を開けて(10:00〜11:00)
日本有機農業研究会通常総会、長野県有機農業研究会総会(11:30〜13:30)
テーマたぶん、なんとかなる
参加費全日程参加(オープンカレッジ・懇親会・宿泊・朝食):14,000 円
オープンカレッジ、懇親会参加:5,500 円、 オープンカレッジのみ:1,000 円
締切:2月17日
主催日本有機農業研究会、長野県有機農業研究会
お問合せ長野大会実行委員会事務局 詳細

■棚田食育士養成講座

日時2017年3月4日(土)〜5日(日)
会場愛林館(熊本県水俣市) 
講演者沢畑亨氏(愛林館)、千葉しのぶ氏(NPO法人霧島食育研究会)
テーマいのちと森
参加費15,000円 定員8名
主催・お問合せ愛林館 詳細

■食材の寺子屋

日時2017年3月7日(水)13:30〜15:00(予定)
会場東京農業大学「食と農」の博物館 2階セミナールーム アクセス
講演者後藤?榮氏(NHK放送研修センター エグゼクティブアナウンサー)
演題きょうの料理60年
参加費一般 1,000円、会員 500円
主催・お問合せ仮認定NPO法人良い食材を伝える会 事務局(代表理事:中村靖彦氏) 詳細

■西田栄喜さん講演「小さい農業の稼ぎ方のコツ」

日時2017年3月11日(土) 13:00〜16:30
会場金沢勤労者プラザ(JR金沢駅西口より徒歩10分) アクセス
講演者西田栄喜氏(農家・「風来」店主)
プログラム12:30〜 問題提起:「小さい農業で稼ぐコツ」西田栄喜氏
14:20〜 分科会(栽培技術、土づくり、経営、加工 の4班)
参加費500円(他に、テキストとして『小さい農業で稼ぐコツ』購入をお願いします
定員:60名(要事前申し込み)
主催・お問合せ農文協 東海北陸支部 TEL:052-571-3408 FAX:052-571-3405 メール

■農林水産技術会議シンポジウム

日時2017年3月21日(火)13:30〜16:30
会場トラストシティカンファレンス・丸の内 11階 ROOM2+3+4(東京駅隣接)
テーマAI・IoTの先にある農林水産業の未来
内容基調講演「AI・IoTの最新動向と未来の農林水産・食品産業への可能性」 三輪泰史氏( 日本総研創発戦略センター)
技術開発の現状と今後の進め方(農林水産省)
農業経営者・会場との意見交換 坂本廣子氏ほか
参加費無料 定員200名
主催・お問合せ農林水産省 詳細

■熊本大学拠点形成研究(地下水資源の持続戦略的利用を実現する流域圏 グランドデザイン研究)シンポジウム

日時2017年3月26日 13:00〜17:00
会場水前寺共済会館グレーシア(熊本市中央区水前寺1丁目33-18) アクセス
基調講演「近い水」「遠い水」〜自然と文化の共生が生み出す未来可能社会〜
 嘉田由紀子氏(びわこ成蹊スポーツ大学学長・前滋賀県知事)
 小坂育子氏(水と文化研究会事務局長・関西地元学ネットワーク主宰)
講演者パネリスト:嘉田由紀子氏、大住和子氏、徳野貞雄氏(熊大名誉教授)
コーディネーター:牧野厚史(熊本大学教授)
参加費無料(事前申し込み不要)
主催・お問合せ熊本大学工学部社会環境工学科 濱武英 TEL:096-342-3495 メール 詳細

■「雨ニモマケズ=外国人記者が伝えた東日本大震災」出版記念の集い 〜今こそ問い直したい3・11以後の日本〜

日時2017年3月26日(日)14:00〜17:00
会場アーツ千代田 1階コミュニティスペース(東京都千代田区外神田) アクセス
講演者●ルーシー・バーミンガム氏(アメリカ・ジャーナリスト)
●デイビッド・マクニール氏(イギリス・記者、上智大学講師)
●塚田敬幸氏(えにし書房代表)
大江正章氏(コモンズ、PARC共同代表)
プログラム●第1部 (1)3.11大震災直後の日本の状況を振り返って、そしてまた今の日本について考える、(2)本書の出版の経緯と意義
●第2部 お茶を飲みながら、著者お二人を囲んでの懇談交流会
参加費一般700円(PARC会員500円)
主催・お問合せ特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC) 詳細

■農家民宿向け・有名フレンチシェフによる料理教室

日時2017年3月29日(水)
会場山際食彩工房 (福島県会津若松市大塚2丁目5-10)
講師(1)10:00〜12:00 山際博美氏(山際食彩工房)
(2)14:00〜16:00 田代和久氏(ラ・ブランシュ)
内容農家民宿向けに、アスパラやトマトなど地域自慢の素材を使ったオリジナルレシピを有名フレンチシェフが伝授
参加費無料 定員:(1)(2)それぞれ20名
主催・お問合せ福島県観光交流課 TEL:024-521-7286 詳細

■第9回食育情報交換会(おたべの会)

日時2017年3月30日(木) 10:40〜16:50
会場大阪ガス ハグミュージアム5Fハグホール(大阪市西区) アクセス
テーマ料理を通じた子どもたちの成長を応援しよう
内容基調講演:「子どもを台所に立たせよう」竹下和男
大阪ガスからのお知らせ:「和食だし体験と地産地消」新プログラムについて等
情報交換会: 「料理のすすめ〜自分でつくるカンタンごはん」:鎌田早紀子氏
       「PTAで学校と保護者がつながる“弁当の日”」:清水久美氏
       「パートチームによる食育・“弁当の日”推進活動」:「食ラボチーム」6人、芹澤政満氏
相互参加型ワークショップ「つなぎ、ひろめよう!ごはんを作ること」:ファシリテータ比良松道一氏
参加費一般1,000円、大学生以下無料 定員:150名(要事前申込)
主催・お問合せおむすびの会・関西”弁当の日”応援団、オフィス弁当の日、子育ち食育実行員会 詳細


▲このページのトップ