絵本 世界の食事」シリーズは、世界各国の一般家庭の朝昼晩、一週間、四季の食事を家族の暮らしぶりやマナー、その国の風土、産業、文化的背景とともに描く絵本です 。
世界の人たちはどんなごはんを何を食べているんだろう?
世界の食事をのぞいてみよう!

おすすめ

絵本 世界の食事
絵本 世界の食事 全20巻
銀城康子 著
 

ISBNコード:9784540102783
出版:農文協

世界各国の一般家庭の朝昼晩、1週間、四季の食事を、家族の暮しぶりやその国の風土、産業、文化的背景とともに描く絵本。
その国の代表的なレシピをつくったり、同じ食材でその国風と日本風の料理をつくって比べてみたり。
食からはじめる国際理解にぴったりです。

カートに入れる

各巻紹介

フランスのごはん インドのごはん 韓国のごはん イタリアのごはん メキシコのごはん
ドイツのごはん ブラジルのごはん 中国のごはん タイのごはん トルコのごはん
モンゴルのごはん フィンランドのごはん ベトナムのごはん スペインのごはん ペルーのごはん
ポルトガルのごはん インドネシアのごはん ロシアのごはん モロッコのごはん イギリスのごはん

▲このページの先頭へ

このシリーズの特徴

  • 世界各国の家庭で食べられている日常的な食事を、管理栄養士の視点からわかりやすく解説しています。
     
    イタリアの家庭の台所をのぞいてみると:イタリアのごはんより
    「イタリアのごはん」より
    (画像をクリックすると拡大します)
  • 食事にまつわる習慣や、日本では見られないような料理道具などから、その国の文化や自然背景などがわかり、世界を見る新たな視点が養われます。
     
    最も大切な昼ごはん:インドのごはんより
    「インドのごはん」より
    (画像をクリックすると拡大します)
  • その国の代表的な料理のレシピを紹介しており、実際につくりことができます。また、同じ素材で日本風とその国風の料理をつくり比べ、違いを味わいます。
     
    フランスのごはんのレシピ:フランスのごはんより
    「フランスのごはん」より
    (画像をクリックすると拡大します)

▲このページの先頭へ

著者からのメッセージ

食べることは、生きる基本です。世界中のどんな国でも、食事は生活の土台なのです。だから食生活には、気候風土、産業、その国がたどってきた歴史など、さまざまな要素が反映されています。食生活にはその国の姿が現れているのです。

外国では普段、どんな食事をしているのでしょうか。さまざまな国のごはんを、ちょっとのぞかせてもらいましょう。

銀城康子(ぎんじょう・やすこ)

銀城康子(ぎんじょうやすこ)プロフィール

1956年、青森県生まれ。管理栄養士。2年半フランスに滞在し、フランス在住日本人の食生活調査、各地の日常食調査を行なう。帰国後、病院勤務を経て、現在、短期大学非常勤講師。

▲このページの先頭へ